駒どりとは

  1. 1.社会福祉法人駒どりは、入所者・利用者の人権や尊厳を大切にし、その人らしい生き方ができるよう援助します。
  2. 2.社会福祉法人駒どりは、誰もが住みなれた地域で安心して暮らしつづけられるように、医療や保健と連携し、福祉の街づくりを進めます。

駒どりの考え

だれもが、住み慣れた地域で、安心して老後生活をおくりたいと願っています。そのためには、病気のとき身近なところに親身になって看てくれる病院・診療所が必要なことと同じように、身体や精神の状態が悪くなっても、家族に負担をかけることなく、最後まで親身になって介護してくれる老人ホームなどの各種に福祉施設やホームヘルプなどの在宅福祉サービス提供機関が身近なところにあってほしいと願うのは当然のことといえましょう。

住民が願う在宅福祉・施設福祉を住民の力でつくりだしていく、そしてそれらの事業を核として福祉のまちづくりをすすめていく、そのための住民主体の社会福祉法人をめざしてわたしたちはすすんでいきます。

  1. 1.「すべての人がふつうの状態に(ノーマライゼーション・インテグレーション)」の基本理念に基づいて、老いても安心して暮らしつづけることのできるまちづくりを実現するための核となる住民主体の社会福祉法人をめざします。
  2. 2.住民と密着して積み上げてきた「医療」の力と、新たな社会福祉法人が持つことになる「福祉」の力と結びつけて、医療と福祉の事業をスムーズに連携させ、総合的な事業展開ができる存在をめざします。
  3. 3.施設福祉だけでなく、居宅支援サービスを可能な限り実施して、施設・在宅を連動させる福祉事業の展開をめざします。福祉問題に対し先駆的に取り組んで実践する住民ボランティアグループや組織と連携しながら、住民参加のよさをとりいれた事業展開をめざします。
  4. 4.地域住民によるさまざまな活動や各種の住民組織・団体と連携しながら、住民によって支えられる社会福祉法人をめざします。自治体行政の行う福祉サービスや高齢者住宅施策など、専門機関との連携をはかりながら、そのいっそうの充実をめざす法人事業活動を展開します。
  5. 5.高齢者福祉を事業の主軸としながらも、児童、障害者などさまざまな分野の福祉課題への取り組みの拠点となっていくことをめざします。福祉のまちづくりと地域住民の生活文化の向上をめざして、さまざまな分野の専門家の力を結節させる場となることをめざします。